身バレを防ぐために

身内に、風俗店で働いていることを知られないようにするには、居酒屋などのお店で、接客業をしていると嘘をつくのは避けた方が良いでしょう。そのようなことを言うと、家族が職場を見に来ようとしてしまう可能性があるためです。また、棚卸しの仕事など、残業が多そうなイメージのある仕事をしていると言っておけば、風俗の仕事が夜の遅い時間帯まで掛かっても、身バレしなくて済むでしょう。

次に、地元の風俗店で働くと、知り合いが来店したり、お店に出入りしている姿を見られたりして、身バレしてしまうリスクが高くなります。また、地元のお店では、自宅までの距離が近いために、お客さんに家を特定されてしまいやすくなります。そういった事情から、地元の風俗店を候補から除外して、働くお店を探す女の子も多く見受けられます。

ただし、そのような対策を講じた場合にも、知人の男性客に見られて、身バレしてしまうリスクが全くなくなるという訳ではありません。お客さんの中にも、地元の風俗店は、世間体を考えて避け、遠隔地のお店で羽を伸ばそうとする男性が多く見受けられます。そのような行動原理を踏まえた上で、身バレしたくない相手の行動範囲から外れた場所で働くのも良い方法です。